季刊PICKUP

害虫注意報!『虫の侵入を防ぐ!夏の防虫対策はこれで決まり!』



今年も暑い夏の季節がやってきました。
猛暑か、冷夏か、生産現場としては毎年気になるところだと思います。
ちなみに昨年は7月の西日本集中豪雨にはじまり、太平洋高気圧の早期発達により例年よりも早い梅雨明け、その後は全国的に猛暑日の通算日数記録が塗り替えられるなど、2010年以来のとても暑い夏を過ごしました。
今年は比較的涼しい夏の始まりですが、どのような季節になるでしょうか?
 
害虫の活動期 

 
この季節、頭を悩ませるのが活発化する害虫対策。虫が媒介する病害も高温・多湿の環境で発生しやすく、防除作業に多くの時間を費やす時期をむかえていると思います。そこで、ハウスの物理的防除のひとつとして有効なのが防虫ネットの展張です。
 
防虫ネットでハウスへの侵入を防ぐ
 

ハウスには「換気のため」「出入りのため」など様々な理由で外部との『間』がありますが、虫にとって格好の『侵入口』となります。その侵入口に虫が通れない防虫ネットを展張することは有効な防虫対策です。

ハウスに防虫ネットをはるために便利な製品をいくつかご紹介させていただきます。
 
側面換気に展張する「ダブルペット」

  

側面に防虫ネットを展張すると、肩部でフィルムが重なりがちです。ダブルペットなら屋根フィルムと側面フィルムを張り分けることができます。また消耗が早い屋根フィルムの張り替えにもとても便利です。
 
妻窓に展張する「ニューツマソー」



ニューツマソーの特長は、住居の網戸と同じ要領で簡単に防虫ネットの展張ができるところです。仕組みは付属のアルミ枠に同梱の専用器具で張るだけです。
 

仕上がりはフラットできれいです(ネット付きのセットもございます)。
ネットにゴミがたまる心配もありません。
 
天窓に展張する 「ニューネットセットⅡ」「レンテンソー用ネットホルダーセットⅡ」「スカイペット用ネットガード」

① ニューネットセット:タンテンソー
内側の開閉ボックスの上からかぶせるようにビニペットネットホルダーⅡを使って展張します。
 



② レンテンソー用ネットホルダーセットⅡ:レンテンソー
レンテンソー枠の内側からビニペットネットホルダーⅡを使って、フラットに展張できます。
 

③ スカイペット用ネットガード:スカイペット
スカイペットの天窓枠の開口部、上枠と下枠の桟にスプリングを使ってネットを展張します。閉動作時にネットを挟み込まないようにガードします。
 
 

 
ドアに網戸を付ける 「ダブルレール」

ダブルレール



※現場写真
(施工例)”前”のドア枠:フィルム ”後”のドア枠:網戸
 
テイペットドアEXシリーズをダブルで取り付けて網戸を作ることができます。さらにドアスキガードでドア同士の隙間対策も可能です。
 
ドアと妻柱の隙間をふさぐ「スキガードシリーズ」

スキガードシリーズ
 
妻柱がニュービニツマ、角パイプのときはドアスキガード、丸パイプのときはスキガードが便利です。


ドアスキガード 施工前と施工後


スキガード22用 施工前と施工後

いかがでしたでしょうか?
ぜひ、ご自身のハウスの設計に組み込んでいただき、防虫対策をしっかり行い、夏の防除作業を乗り切りましょう!
 

今回ご紹介した製品
 
・ダブルペット
・ニューツマソー
・ニューネットセットⅡ
・レンテンソー用ネットホルダーセットⅡ
・スカイペット用ネットガード
・ダブルレール取付金具